人気が集まっているロートアイアンとは

ロートアイアンとは錬鉄という意味です。錬鉄はヨーロッパの文化として発展し、様々な家具に用いられてきました。門扉やフェンス等のエクステリアをはじめとして、表札やポストなどの小物などに利用されています。

普通の家具とロートアイアンの違い

強度があってとても丈夫な造りです

錬鉄であるロートアイアンは、普通の家具に比べて強度が優れていることが大きな特徴です。中世のヨーロッパでは、教会を守るための門扉として使われてきたことでも良く分かります。それ以外にも階段の手すりやフェンス、面格子や花台など頑丈さや耐久性が求められる部分に用いられています。

歴史や伝統を感じることができます

もともとロートアイアンは、ヨーロッパの伝統工芸として使われてきました。その起源は人類の有史以来のものといわれていて、普通の家具に比べると非常に歴史があることが分かります。ヨーロッパで受け継がれてきた伝統が、世界中に広がり、やがて日本でも注目されるようになりました。ロートアイアンの門扉やフェンスなどがあれば、それだけで歴史や伝統が感じられます。

建物に洋風の雰囲気を

ロートアイアン

金属が持つ重厚感によって、落ち着いた洋風の雰囲気を作り出してくれるのがロートアイアンです。デザインだけでなく簡単なものを収納できる箱型や、台のような形をして実用性を伴った製品も多いです。建物に取り付ける場合は専門家に依頼した方が無難で、製品の購入を同時に請け負っているところも多いです。購入はインターネットの通販などでも行なえるため、取り付けだけを依頼するのもひとつの手です。その際にはしっかりとサイズを確認しましょう。

素材ごとの強み

ロートアイアン

ロートアイアンの基本素材は鉄ですが、中には軽量なアルミや腐蝕しにくいステンレスでできた製品もあります。素材そのものが高価であったり、加工が難しいことから費用が嵩張る傾向がありますが、耐久面で優れているのが強みです。最も加工しやすいのは従来の鉄素材で、細かなデザイン面では優れています。視点からの距離や取り付ける部分の強度、周囲の環境などと照らし合わせて、費用面でも無理が出ない選択をすると良いでしょう。

サイズに合わせた幅広い費用

ロートアイアン

ロートアイアンの種類は非常に数多いため、製品の価格だけで見ても数千円から数十万円と幅が広いです。そしていずれも金属製で重いので、小さなサイズの設置でも、しっかりと固定するためには専門的な知識が必要なことが多いです。またエクステリアのような大型サイズだと、土台の施工から始めなければならないため、大掛かりな工事となります。ただロートアイアンの設置を想定して作られた窓枠だったり、素材次第では自身での作業が不可能というわけではありません。

オーダーメイドと既成品

ロートアイアン

ロートアイアンには、基本的にオーダーメイドと量産の2通りがあります。オーダーメイドはオリジナリティのある製品にできますが、定番の形であればわざわざ一から作ることもありません。費用を抑えるためにも、まずは希望のデザインやサイズのものが市販されていないかどうかを確認しましょう。

広告募集中